ICL術後ハローについて

ICL手術は安全性が高い手術ですが、屈折矯正手術として術後にどうしても避けられない症状が生じます。それがハローといわれる、車のヘッドライトや街灯などの光の周囲に輪がかかって見える症状です。多かれ少なかれ、ほとんどの方が術後感じる症状です。レーシックなどの角膜屈折矯正手術では、レーザーで削った部分と削っていない部分がなだらかに移行するため、このハローはそれほど強く感じません多くが、ICLの場合はレンズを目の中に挿入する手術ですので、はっきりしたハローを感じやすいです。術前に十分に理解していただき手術を受けてほしいという願いから、今回このハローについて詳しく解説した動画を作成しました。



335回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示