​角膜移植治療

​自分の角膜をなるべく温存できるパーツ移植を推進しています。

 
角膜移植とは

角膜は眼球をカメラに例えると、一番前にあるレンズに相当します。角膜が悪くなる病気は様々ですが、悪くなった角膜を交換する手術が角膜移植です。円錐角膜、感染後の瘢痕性混濁、角膜変性症など様々な病気が角膜移植の適応になります。簡単にご説明すると角膜が悪くなる原因としては2つに分けられます。

1. 角膜に濁りが生じて光が通らなくなる場合

2. 角膜に歪みが生じて、角膜のレンズとしての機能が損なわれ焦点が合わなくなる場合。

また、1と2を合併している場合もあります。

 
角膜移植以外の方法で治療できる場合も

最近の新しい技術の進歩により、角膜移植以外の方法で治療できる場合もあります。

角膜混濁に対してはエキシマレーザーによるPTKというレーザー治療が有効です。特に濁りが浅い場合は効果が期待できます。

角膜の歪みに対しては、現在様々なハードコンタクトレンズが市販されており、角膜が歪んでいる場合(不正乱視と言います)専用のレンズもあります。また、角膜形状をレーザーに認識させて角膜形状を正常に近づけるようにレーザー照射を行う治療も行うことができます。歪みが軽度である場合や、角膜の厚みが十分にある場合には試す価値のある治療です。

 
どのような場合に角膜移植が必要?

角膜移植は上記のような、他の方法で改善が得られない場合に必要になります。例えば、感染を起こした後に角膜に混濁が生じた場合などでは、レーザーで濁りが除去できないほど濁っているような場合です。円錐角膜など角膜の強度が落ちて角膜に歪みが生じる病気では、ハードコンタクトレンズでも視力が矯正できない、ハードコンタクトレンズが異物感のため継続使用できない場合です。視力に関して言いますと、私の基準としては矯正しても0.5以下の場合は手術を考えてもいい段階と考えています。

 
パーツ移植とは

角膜移植手術を計画する場合に、自分はパーツ移植を常に意識して計画しています。角膜パーツ移植とは、角膜を全て取り替える全層角膜移植術に対して、悪い部分だけを取り替える手術を言います。角膜は、非常に薄い0.5mm程度の膜で、一般の方からは均一なプラスチックのような1枚のレンズのように思われていることが多いですが、実際は以下のような5層構造でできています。

パーツ移植の良い点は、自分の健常な部分を残すため、拒絶反応が起きにくい、手術の侵襲が少なくなるなどの利点があります。一方手術はそれだけ複雑になります。一般的によく行われるパーツ移植は、角膜輪部移植(角膜に5層のうちの最表層の上皮を供給します)、表層角膜移植(角膜の表層の濁った部分を取り替えます)、深層層状角膜移植(角膜の内側を薄く残して残りの部分を取り替えます)、角膜内皮移植術(角膜の内側のみを移植します)などがあります。

 
フェムトセカンドレーザー角膜移植手術とは

最近は、角膜移植にレーザーを用いることが多くなりました。角膜移植は、ドナーの角膜と患者さん側の角膜をぴったり合わせることが非常に重要です。従来のメスで角膜を切り取る手術に比較して、レーザーで正確に切除することにより術後の乱視が少なくなり、より視力の向上が期待できます。また、上で説明しました、角膜パーツ移植にもフェムトセカンドレーザーは特に有効です。しかし、病気の種類や重症度によってはレーザーが使えない場合もありますので、個別にご相談ください。

 
日帰り角膜移植手術は安全?

私がボストンに留学していた時に驚いたのは、角膜移植がほとんど全例日帰りで行われていることでした。アメリカは医療費が高いことも一つの要因ではありますが、普通に笑顔で帰宅していく患者さんを見て私も2011年より日帰り角膜移植を始め、2018年末の時点で100例以上施行しています。実際に行ってみて、患者さんにアンケートをとり分かったのが、ほとんどの患者さんが、もう一度受けるとしても日帰りを希望されたという点です。しかし、時には入院を希望される患者さんもいらっしゃいます。家に帰ってしまうと、どうしても仕事をしてしまうのでゆっくり静養したい。と言われる方もあります。そのような方は、現在JCHO中京病院、岐阜赤十字病院、宮城県仙台市の佐藤裕也眼科医院で入院手術を行っています。入院期間はおよそ1週間ですが、早めに退院されたい方は短期での入院も可能です。

 
​角膜移植手術後の生活

よく1週間寝ていないといけませんか?と聞かれますが、角膜移植後は点眼や目の周りを清潔に保つことは必要ですが、特に運動以外は翌日からは普通に過ごすことが可能です。3日目からはシャワーや洗髪も可能です。

 
​角膜移植手術後の拒絶反応

角膜はパーツ移植を行っても、稀に拒絶反応を起こすことがあります。その場合は、拒絶反応に対する治療が必要です。基本的に拒絶反応というのは、移植した角膜が、異物と自分の体で認識され、自分の本来は体を守るはずの免疫システムが攻撃してしまう状態です。このため、点眼、点滴などで免疫を抑える治療を行います。