コンタクトレンズトラブル治療

原因を究明し、快適なコンタクトレンズライフをサポートします。

 
コンタクトレンズトラブル外来とは

コンタクトレンズが様々な原因で装用困難になる状態を、コンタクトレンズ不耐症と眼科では呼びます。これまでに、このようなコンタクトレンズ装用で困っている患者さんを専門に診る外来はありませんでした。

私は、2013年に始まったコンタクトレンズ装用における不快感(Contact lens discomfort)の国際ワークショップに参加させていただきました。このワークショップには世界のコンタクトレンズの専門家が集まり、様々な議論が交わされ世界で初めての報告書が出版されました。​この頃から構想を温め、現在コンタクトレンズトラブル外来として名古屋アイクリニックで外来を開設しました。私一人では限界がありますので、水野泰子先生にも加わっていただき、コンタクトレンズ装用に何らかの支障を感じている患者さんを対象に治療を行なっています。

コンタクトレンズによる不快感の原因
 

コンタクトレンズによる不快感の原因は、下の図に示しましたように大きく分けて、コンタクトレンズに原因がある場合と環境因子に原因がある場合に分けられます。

​コンタクトレンズに原因がある場合は、フィッティングや素材、ベースカーブなどが眼の状態にあっていないということです。ケア用品があっていないケースもあります。

次に環境が原因の場合ですが、患者さんの眼の状態、すなわち涙の状態や瞬きの状態などが影響している場合と、仕事をする場所の湿度や温度など普段暴露されている環境が問題になる場合もあります。

 
治療方法

上に挙げたように、コンタクトレンズのトラブルの原因は様々です。治療方法はその原因によって大きく異なります。

涙液に問題がある場合(ドライアイなど)は、涙点プラグなど涙を増やす治療を行うこともあります。また涙の油分が出づらい方はマイボーム腺からしっかり油が分泌されるように普段から行える治療法を指導する場合もあります。

治療に関して他の病気と異なる点は、コンタクトレンズの交換が治療になりうることです。現在、様々なコンタクトレンズが発売され、このようなコンタクトレンズによる不快感を減らすようなプレミアムレンズと言われるコンタクトレンズが各社から発売されています。しかし、それぞれのコンタクトレンズは素材、含水率、摩擦係数などの特徴は様々で、これらの要素は装用感に大きく影響します。

今まで、患者さんにとって様々なコンタクトレンズを試すことができる環境がなかったと感じていました。これにはコンタクトレンズを販売する側の理由(在庫やトライアルレンズを置く場所など)が大きく影響していると思いますが、それでは患者さんに本当にあったコンタクトレンズを選択できないと思っています。我々のコンタクトレンズトラブル外来では、できる限り、たくさんのコンタクトレンズを揃えています。特にコンタクトレンズメーカー各社が工夫を凝らした最新のプレミアムレンズに関してはほぼ全種類を取り揃え、患者さんに何があっているのか、最大限試すことができるようにしています。

眼科相談室

私が運営している眼科よろづ相談室です。何かご質問がある場合はお気軽にご質問下さい。

​診療医院

​名古屋アイクリニック

〒456-0003 愛知県名古屋市熱田区波寄町25-1 名鉄金山第一ビル3F

TEL: 0120-758-049

対応可能治療:白内障手術、日帰り角膜移植手術、レーシック、スマイル、ラゼック、ICL、角膜クロスリンキング、角膜リング、円錐角膜コンタクトレンズ処方、ボストンレンズ処方、翼状片手術、眼瞼下垂手術

​岐阜赤十字病院

〒502-8511 岐阜県岐阜市岩倉町3丁目36

TEL: 058-231-2266

対応可能治療:白内障手術、角膜移植術(入院)、角膜クロスリンキング、円錐角膜コンタクトレンズ処方、翼状片手術

現在非常に混雑しているため、申し訳ありませんが紹介患者さんを優先させていただいています。早めの診察ご希望の方はお近くの眼科医院で紹介状を頂いてください。

中京眼科

〒456-0032 愛知県名古屋市熱田区三本松町 22-12

TEL: 052-883-1543

対応可能治療:白内障手術(通常手術及びプレミアム手術)、フェムトセカンドレザー白内障手術

​佐藤裕也眼科医院

〒980-0022 宮城県仙台市青葉区五橋1-6-23 五橋メディカルセタービル内

TEL: 022-227-6752

対応可能治療:白内障手術、角膜移植術(入院)、レーシック、スマイル、ICL、角膜クロスリンキング、角膜リング、円錐角膜コンタクトレンズ処方、ボストンレンズ処方、翼状片手術

​月1回の診療ですので、まずは一緒に治療を行なっている常勤の渡部医師の診察を受けてください。

© 2018 Takashi Kojima. All rights reserved.