多焦点眼内レンズの選定療養への組み入れについて

早くアップデートとしなければと思いつつ、時間が経ってしまいました。今年の4月から、これまでは先進医療として行われていた多焦点眼内レンズを用いた白内障手術が選定療養という枠に入りました。患者さん側の立場で、何が大きく変わったかと簡単に言いますと、これまで使えた先進医療対応の生命保険が使えなくなったという点です。

それでは選定医療になってから、何が変わったか具体的に説明していきます。

選定医療が適用されてから、多焦点眼内レンズは保険診療の中に入りましたが、多焦点眼内レンズに関わる部分だけが自費になりました(下図を見てもらうとわかりやすいと思います)。現在、この自費の部分をカバーする民間の保険が無いので、最も新しい3焦点眼内レンズの場合は、1眼の治療に対して25万円〜35万円(レンズの納入価、人件費、検査などによって各医院で異なります)を自費で支払う必要があります。


この選定医療のシステムは、欧米のシステムに似ていて、白内障手術の基本部分は公的保険で、眼鏡の使用を極力減らすために使用する多焦点眼内レンズは付加価値に当たる部分で、その部分は自費でという考え方です。先進医療特約がついた生命保険に加入されていた患者さんにとっては、大きな費用負担になるとは思いますが、限られた保険財政の中で、とてもリーズナブルなシステムだと思います。

白内障治療のところで掲載している下の表もアップデートしましたので、参考にしてください。



101回の閲覧

最新記事

すべて表示

日本円錐角膜患者会の案内

先日、日本円錐角膜患者会の方と連絡がとれましたので、こちらで紹介させて頂きたいと思います。お話によると最近患者会としての活動がしっかりしてきたようです。詳しくは下記のPDFをダウンロードして見て頂きたいと思いますが、情報交換や病気についての勉強会、病気の理解を深めるための啓発活動などをされています。円錐角膜と診断され、1人で落ち込むより、同じように悩んでいる方がいることを知り、どのように対処してい

眼科相談室

私が運営している眼科よろづ相談室です。何かご質問がある場合はお気軽にご質問下さい。

​診療医院

​名古屋アイクリニック

〒456-0003 愛知県名古屋市熱田区波寄町25-1 名鉄金山第一ビル3F

TEL: 0120-758-049

対応可能治療:白内障手術、日帰り角膜移植手術、レーシック、スマイル、ラゼック、ICL、角膜クロスリンキング、角膜リング、円錐角膜コンタクトレンズ処方、ボストンレンズ処方、翼状片手術、眼瞼下垂手術

​岐阜赤十字病院

〒502-8511 岐阜県岐阜市岩倉町3丁目36

TEL: 058-231-2266

対応可能治療:白内障手術、角膜移植術(入院)、角膜クロスリンキング、円錐角膜コンタクトレンズ処方、翼状片手術

現在非常に混雑しているため、申し訳ありませんが紹介患者さんを優先させていただいています。早めの診察ご希望の方はお近くの眼科医院で紹介状を頂いてください。

中京眼科

〒456-0032 愛知県名古屋市熱田区三本松町 22-12

TEL: 052-883-1543

対応可能治療:白内障手術(通常手術及びプレミアム手術)、フェムトセカンドレザー白内障手術

​佐藤裕也眼科医院

〒980-0022 宮城県仙台市青葉区五橋1-6-23 五橋メディカルセタービル内

TEL: 022-227-6752

対応可能治療:白内障手術、角膜移植術(入院)、レーシック、スマイル、ICL、角膜クロスリンキング、角膜リング、円錐角膜コンタクトレンズ処方、ボストンレンズ処方、翼状片手術

​月1回の診療ですので、まずは一緒に治療を行なっている常勤の渡部医師の診察を受けてください。

© 2018 Takashi Kojima. All rights reserved.