角膜クロスリンキングに対する、よくある質問に対してお答えします。

最近、円錐角膜の治療である角膜クロスリンキングに対する認知度が高まってきているのを感じますが、それとともに誤った情報をもたれている患者さんや医療関係者も多いので、ここでよくある代表質問を4つ答えておきたいと思います。

質問1: 円錐角膜の場合は、すぐに角膜クロスリンキングを受けないといけないでしょうか?

回答1: 角膜クロスリンキングは円錐角膜の進行を止めるための治療です。このため、全ての円錐角膜患者さんが適応になるわけではありません。円錐角膜が進行している、もしくは進行リスクが高い場合に適応になります。円錐角膜が進行しているかどうかの判断は通常2年という期間で考えることが一般的です。最近では近隣の眼科の先生から詳しい角膜のカーブのデータを頂くことがあり、それをみれば進行の判定は容易ですが、症状からもある程度判断がつきます。例えば、1年前は眼鏡で見えていたのが、今では眼鏡をどう合わせても視力が出ない→進行例。3年前からはほとんど、見え方も変わらない→非進行例の可能性が高いです。

質問2: 角膜クロスリンキングを行うと角膜が硬くなるそうですが、角膜が硬くなって、今後困ることや受けられなくなる手術はありますか?

回答2: 角膜クロスリンキングを行うと角膜は硬くなって変形しにくくなります。患者さんに聞くと、プラスチックのように固くなるようなイメージを持たれている方がありますが、実際は変形しやすくもろい角膜が、正常に近い程度に硬くなるだけで、それ以上固くなることはありません。やはり新しい治療だと将来的な事が心配、特に若い方を対象にする手術ですので、長期的な事が心配になる気持ちはよく分かります。ただ、これまでに15年以上の歴史のある角膜クロスリンキングですが、将来的に硬くしたことで困るようなことは生じておりません。

質問3: 1年ほど前から、徐々に見づらくなって、最近円錐角膜と診断されました。あと1年、2年経過すると、さらに進行するのでしょうか?その時に角膜クロスリンキングを考えてもいいでしょうか。

回答3: 円錐角膜の進行予測は難しく、1年、2年後の状態は分からないとしか言えません。ただし、円錐角膜が重症になっていればいるほど悪くなる確率は高くなります。もう1年様子みてさらに悪化した場合に、角膜クロスリンキングをしてもいいと思います。ただし、角膜クロスリンキングは基本的に少し角膜は平坦化するものの、その状態で角膜を硬くして進行を止めるだけですので、悪くなったものが自分で明確に分かるほど元に戻ることは残念ながらありません。このため、過去2年以内で進行が明らかであれば、現時点で早めに角膜クロスリンキングを受けることはメリットが大きいと思います。

質問4:角膜クロスリンキング治療は一度行えば、一生もう大丈夫でしょうか?

回答4:角膜クロスリンキングの成功率は高く、日本で行われた研究でも9割程度の方の円錐角膜の進行を止めることが可能です。しかし、裏を返せば1割程度は進行してしまうということです。術後も進行しやすい方は、若い方(10代)、円錐角膜が重症の方です。このため、角膜クロスリンキング手術を受けられても、必ず定期的な検診を受けられることをお勧めします。




90回の閲覧

最新記事

すべて表示

日本円錐角膜患者会の案内

先日、日本円錐角膜患者会の方と連絡がとれましたので、こちらで紹介させて頂きたいと思います。お話によると最近患者会としての活動がしっかりしてきたようです。詳しくは下記のPDFをダウンロードして見て頂きたいと思いますが、情報交換や病気についての勉強会、病気の理解を深めるための啓発活動などをされています。円錐角膜と診断され、1人で落ち込むより、同じように悩んでいる方がいることを知り、どのように対処してい

眼科相談室

私が運営している眼科よろづ相談室です。何かご質問がある場合はお気軽にご質問下さい。

​診療医院

​名古屋アイクリニック

〒456-0003 愛知県名古屋市熱田区波寄町25-1 名鉄金山第一ビル3F

TEL: 0120-758-049

対応可能治療:白内障手術、日帰り角膜移植手術、レーシック、スマイル、ラゼック、ICL、角膜クロスリンキング、角膜リング、円錐角膜コンタクトレンズ処方、ボストンレンズ処方、翼状片手術、眼瞼下垂手術

​岐阜赤十字病院

〒502-8511 岐阜県岐阜市岩倉町3丁目36

TEL: 058-231-2266

対応可能治療:白内障手術、角膜移植術(入院)、角膜クロスリンキング、円錐角膜コンタクトレンズ処方、翼状片手術

現在非常に混雑しているため、申し訳ありませんが紹介患者さんを優先させていただいています。早めの診察ご希望の方はお近くの眼科医院で紹介状を頂いてください。

中京眼科

〒456-0032 愛知県名古屋市熱田区三本松町 22-12

TEL: 052-883-1543

対応可能治療:白内障手術(通常手術及びプレミアム手術)、フェムトセカンドレザー白内障手術

​佐藤裕也眼科医院

〒980-0022 宮城県仙台市青葉区五橋1-6-23 五橋メディカルセタービル内

TEL: 022-227-6752

対応可能治療:白内障手術、角膜移植術(入院)、レーシック、スマイル、ICL、角膜クロスリンキング、角膜リング、円錐角膜コンタクトレンズ処方、ボストンレンズ処方、翼状片手術

​月1回の診療ですので、まずは一緒に治療を行なっている常勤の渡部医師の診察を受けてください。

© 2018 Takashi Kojima. All rights reserved.