香港での講演


1月15日、16日と1泊2日の強行スケジュールで香港に行ってきました。香港の眼科医を集めた白内障関連の講演会で、Innovative Technologies Designed to Improve Outcomes in Cataract & Refractive Surgeryと題したシンポジウムが行われ、香港の眼科ドクターと、ポルトガルからのドクターと私が講演しました。私の講演内容は白内障手術をいかに正確に行うかという側面から講演しました。白内障手術そのものの手技はかなり確立されたものですが、術後の度数をぴったり合わせることや乱視矯正つき眼内レンズの使用方法については、最新の術中収差計などのデバイスを使用することでヒューマンエラーの少ない正確な手術が可能になることをお話しさせていただきました。日本では同様の講演をしたことが何回かあったんですが、香港ではこの話は新しいようで、日本の眼科医はそこまでこだわっているのか!何を使っても白内障手術の料金は一緒なのにそこまでやる!?と驚かれるほどで、インパクトはそれなりにあったようです。今度はもう少し観光もしたいなあ。。。

香港の


102回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示