レーシック後15年の思いを動画にしました。

私はレーシックを受けて、もう15年も経ってしまいました。そこで、私のYouTubeチャンネルでこれまでを振り返って、体験談を話させて頂きました。

また、昨今のレーシックを取り巻く状況についても、お話しし今後レーシックやICLなどの屈折矯正手術はどうあるべきか自分の考えを伝えさせて頂きました。最近は、レーシックだけでなく、スマイル、ICLなどの選択肢が増えています。このような中で、私が今ならどの手術を受けるかも最後にお話ししました。今、屈折矯正手術を考えている方は特に、ご視聴いただけると幸いです。



182回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

円錐角膜の早期発見へ向けて

円錐角膜は、今や早期に診断されれば、進行予防治療によって、その後ほとんど不自由なく生活をすることが出来ます。このため以前から円錐角膜の早期発見、治療を目指して、学会などの教育セミナーを通して眼科医の先生方向けに啓発活動を進めてきました。しかし、早期の円錐角膜を診断するには、高額な角膜形状解析装置が必要で、その普及率は高くありません。このため、かなり進行して、患者さんが眼鏡で見えづらくなってから専門